スポンサーリンク

【モヒカンらーめん本店】自己プロデュース力、久留米ラーメン界ナンバーワン?

創業は2000年。

一味ラーメンで修行し5年で独立。

 

らーめん横丁にも店舗を持つ、久留米で勢いのあるラーメン屋と言ってよいでしょう。

今回で3回目の訪問となります。

福岡県久留米市の「モヒカンらーめん」本店に行ってきました

西鉄試験場前駅から徒歩3〜4分の距離です。

安さん食堂丸徳ラーメンが近くにあります。

 

駐車場有り

店前に4台ほど。

 

第二駐車場も確保しています。

そちらの方が広く停めやすいです!

 

西鉄試験所前駅高架下に10台ほどのスペース。

計14台です。

 

ではお店に入ってみましょう。

店内の様子

券売機を超えたら、カウンターが6席ありました。

その奥にテーブル席を確認。
しかし正確な数を把握できませんでした。

あまり広い感じはしません。

20前後ではないでしょうか。

メニューをチェック

利幅が取れるセット、サイドメニュー押し。

基本となるモヒカンらーめんは650円。

ちょっと高いかな・・・

 

とんこつ飯を注文している方が、散見されました。

人気メニューなのでしょう。

 

卓上調味料は昆布酢、ブラックペッパー、こしょう、餃子のタレ、ラー油。

モヒカンらーめんを注文しました。

 

麺の硬さは聞いてくれます。

 

どうですかこのビジュアル!

7分ほどで着丼!

スープが少ない。

 

薄切りチャーシュー2枚ほど、その上に唐辛子の薬味、穂先メンマ、ねぎ、ごま。

スタイルはやはり一味と似てます。

 

ではスープをひとくち・・・

温度はちとヌルい・・・

第一印象は、しっかりまろやかスープだな・・・でした。

ごまがデフォで入ってることで、より丸みのある味です。

 

豚骨なのに食べやすい。
あぁ、ココの人気の秘訣は食べやすさと思います。

一味の方は洗練された味ですが、コクはこっちの方がありますね。

 

秘伝のタレは細かいので相当注意しないと、こちらの意思に関係なく溶けます。

唐辛子とにんにくベースのタレは、一味より甘味あり。
完成度は少し落ちるかな。

 

麺をひとくち・・・

極細寄りの細麺です。

カタ以上が良いでしょう。
食べていくうちに柔らかくなります。

 

 

チャーシューをひとくち・・・

大ぶりであるが極薄。

油の少ない肩ロースですかね。
特筆すべき点はないです。

 

後入れの知識ですが、肉をパサつかせないように、切りたてを提供する他、上質の肉を使用しているという事でした。

 

完食しました。

 

気になるお会計は・・・

650

ちょっとお高い・・・

 

ヌルいのと、スープが少ないのは、私的にはかなり微妙。

一味本店の方が、料理的に優れてるかな。

 

しかし、自己プロデュース力の高さは凄いです!

たった10年でココの名物オーナは、久留米のラーメン界の顔になり、全国を飛び回っています。

 

今回はハズレの日だったかもですので、また再訪予定です。

 

ごちそうさまでした。

 

口コミ

評価

味【⭐0.5pt】⭐⭐⭐
ビジュアル【⭐0.1pt】⭐⭐⭐
接客【⭐0.05pt】⭐⭐⭐⭐
快適さ、雰囲気【⭐0.05pt】⭐⭐⭐
コストパフォーマンス【⭐0.25pt】⭐⭐
立地【⭐0.05pt】⭐⭐⭐
評価【MAX5.00pt】2.8pt

お店情報

電話番号0942-39-6786
営業時間
定休日第3水曜日
駐車場第一、第二駐車場あり
WEB食べログ

Retty

住所福岡県久留米市津福本町221-11

味壱家ラーメン / 試験場前駅花畑駅久留米高校前駅